オルニチン マカ

マカにオルニチンって含まれているの?

マカ

 

マカとオルニチンの関係とは?

 

マカにオルニチンは含まれているといえるでしょう。

 

マカの成分表を見ると、その中にはオルニチンが含まれているものと含まれていないものがあります。
成分表に含まれていなくても、体内で生成されるものなのです。

 

成分表を見ると、非必須アミノ酸としてアルギニンやグリシンが含まれています。
これらの成分が、その生成に大きくかかわっています。

 

 

それぞれのアミノ酸の特徴をチェック!

 

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促し、脂肪を燃焼させる効果があります。

 

グリシンは、コラーゲンやクレアチンなど様々な生体物質の原料となります。

 

オルニチンもアミノ酸の一種で、成長ホルモン誘導体で、サプリメントに配合されていることの多い成分です。

 

オルニチンは、アルギニンが水と反応することにより、尿素とともに生成されます。

 

また、腎臓において、瞬発力を必要とする筋肉のエネルギ−を貯蔵するクレアチン経路の構成にもかかわり、
グリシンが反応することでもグアニジン酢酸とともにオルニチンが生成されます。

 

このようにアルギニンの代謝によっても生成される成分であり、アルギニンの代謝に重要な役割を持った物質です。

 

また、オルニチンデカルボキシラーゼの働きにより、
細胞分裂に必要な増殖因子とされるもっとも単純な成分であるポリアミンの一種プレトシンに変化します。

 

オルニチンが含まれる食品としてシジミやだだちゃ豆が有名ですが、
それほど頻繁に摂取する食品でもなく、体内で生成されることのほうが多いようです。