オルニチン 疲れ

オルニチンって疲れに効果あるの?

疲れ

 

肝臓の健康をサポートする!

 

オルニチンはしじみに多く含まれる成分として知られていますが、
肝臓の健康をサポートする役割があると言われています。

 

また、二日酔いを改善する効果や目覚めを良くする効果、
疲れにくくする効果などもあるため、雑誌やテレビなどのメディアでも注目を集めています。

 

肝臓はアルコールやストレスが原因で体内に溜まった毒素を分解する働きを担っていますが、
アミノ酸の一種であるオルニチンはその働きをサポートしてくれるということです。

 

血液の中に溶けて体全体を巡っている成分なのですが、肝臓で大きな働きをしてくれるのです。

 

 

疲れを抑える効果が期待できる!

 

オルニチンはアンモニアと結合することでアンモニアを無害な物質に変えることができますし、
ミトコンドリアの働きを助けることで疲れを抑えてくれるのです。

 

十分なオルニチンの量が血液に含まれていればミトコンドリアの働きも活発になりますし、
肝臓も正常に働いてくれるということです。

 

しかし、肝臓の機能というのはアルコールの飲み過ぎや寝不足、食べ過ぎなどが原因で弱ってしまいますし、
アンモニアの解毒やエネルギーの生成が上手くできなくなってしまうのです。

 

この状態を放置しておくと肝臓の機能が弱ってしまいますし、全身の疲れに繋がってしまうということです。

 

ちなみに、オルニチンはしじみなどの食品にも含まれているのですが、
しじみなどの食品から十分な量を摂取することは難しいです。

 

そのためオルニチンの含まれているサプリを利用すると良いでしょう。